TOP>沿革

沿革

昭和12年 6月

熊本牛乳株式会社設立
資本金4万円 株主18名
株式数800株、敷地面積900u
代表取締役 坂根嘉明

昭和16年 2月

社名を松田牛乳株式会社に変更

昭和16年 3月

銀杏牛乳合名会社と合併

昭和16年 5月

社名を熊本合同牛乳株式会社に変更

昭和16年 6月

高木弘乳舎・岡田ミルクプラント・
肥後牛乳と合併

昭和25年 4月

社名を熊本牛乳株式会社に変更

昭和34年 1月
9月

森永乳業株式会社と製造処理委託契約締結
森永乳業株式会社の資本参加

昭和35年11月

旧・本山工場落成

昭和61年 8月

現在地に移転 倉庫棟完成

昭和62年12月

現在地にて乳製品の製造を開始

昭和63年 3月

現在地にて市乳製造を開始
社名を熊本乳業株式会社に変更

平成8年 12月

森永乳業株式会社の連結会社となる

平成21年 4月

宮崎事業所開設
(森永乳業(株)宮崎デポの受託運営)

平成23年11月

福岡事業所開設
(森永乳業(株)福岡デポの受託運営)

※下の写真をクリックすると拡大表示します

昭和30年代初期
自転車で運び
込まれる原乳 昭和30年代初期
熊本牛乳(株)
外観 昭和30年代初期
洗びん風景 昭和30年代初期の
チラシ 昭和30年代初期の
チラシ 昭和34年のチラシ